メディカルアート
ご利用ガイドプライバシーポリシー会社概要オフィシャルブログオークション
INDEX製品情報オンラインストア店舗情報お問い合わせリンク
商品紹介

英国型鉄道模型より英国型鉄道模型趣味を楽しむ製品紹介きかんしゃトーマスで始める英国型鉄道模型


メニューゲージ
Nゲージ
HO/OOゲージ
ナローゲージ
より大きなサイズの模型
ソドー島はどこにある?
「きかんしゃトーマス」キャラクター紹介

トーマス
エドワード
ヘンリー
ゴードン
ジェームス
パーシー
トビー
ダック
ドナルド&ダグラス
オリバー
いじわるなディーゼル
ビル&ベン
メイビス
ボコ
ディジー
ステップニー
ディーゼル261
ディーゼル10
デリック
ソルティー
ハーヴィー
セレブリティー
スペンサー
ファーガス
アーサー
エマ
マードック
エミリー
ベアー
ニール
ウィルバート
レディー
ロージー
ビリー
ウィフ
スタンリー
ネビル
モリー
デニス
ヒロ
ダート
アニー&クララベル
ヘンリエッタ
ゴードンの客車
スクラフィー
トード
オールド・スローコーチ
ヘクター
客車
郵便車
タール車&ミルク運搬車
ブレーキ車
イザベル
ロッキー、クレーン車
軽便鉄道の仲間達
デューク、バートラム
サー・ハンデル
ピーター・サム
ダンカン
レニアス、スマージャ
スカーロイ
ラスティー
フレディー
マイティマック
プロテウス
鉱山鉄道の客車、貨車
レックス、マイク他
ゴッドレッド他
ディーゼル
フライングスコッチマン
Iron Duke
LNER A4"Mallard"
蒸気自動車、その他

Nゲージ

 Nゲージの「きかんしゃトーマス」シリーズの完成品模型は日本製のTomix製品があります。日本のNゲージ(1/150)車両に比べるとなんとなく大柄ですが、英国のNゲージは1/148の縮尺なので、Grahamfarish製などの英国規格のNゲージの模型と並べると同じくらいの大きさです。発売されていないキャラクターを製作するには、GrahamfarishやDapol製の原型車両のRTR (Ready to Run 完成品模型)や、Langley などのキットメーカーの製品が利用できます。

HO/OOゲージ

 OOゲージ (縮尺1/76 線路幅 16.5mm英国特有の HOゲージのような大きさの鉄道模型)の「きかんしゃトーマス」製品 は1985年から販売されている英国のHornby製品と2002年の暮れから北米市場を主に販売が始まったBachmann USA製品があります。
 Hornby製品の「トーマス」、「ジェームス」など、TVの放映以前から発売されていた関係で、TVのキャラクターに似ていない製品もあります。原型と思われる形式の模型に顔が付いています。中には元になった原型車両が全く違う物もあります。鉄道模型としては耐久性があり、スペアパーツの供給にもメーカーは熱心です。外観はそのままですが、中身は年々改良されていて、以前は「トーマス」など3軸のCタンクは、真ん中の動輪のフランジが無く、ゴムタイヤを履いていましたが、最近は真ん中の車輪もフランジ付きのゴムタイヤ無しの仕様になりました。車輪やロッド類も黒染めになるなど質感も上がっています。以前のテンダー付き機関車はテンダードライブが主流でしたが、近年は機関車内にモーターを設置するよう改良されています。
 Bachmann USAの「きかんしゃトーマス」シリーズ製品はパッケージには HOと表記されていますが、シリーズの貨車や客車は英国型 1/76 Bachmann Branchlinesの製品と同じ金型です。従い基本は OOゲージ製品といえます。機関車や一部の客車は新金型でTVシリーズにほぼ忠実に再現されています。機関車の大きさ的には OOゲージ製品より若干小さくHOサイズとも言え無くもありません。ボディ廻りはキャラクターに忠実故、鉄道模型と言うより玩具に近い感じです。またカプラーは英国型鉄道模型の標準タイプが付属しており、Hornbyの「きかんしゃトーマス」シリーズ製品を始め、一般的な英国型鉄道模型とそのまま連結が可能です。
 キャラクターの完成品模型が発売されていない機種に関しては、モデルになった原型車輌の模型の色をキャラクター色に塗り替え、簡単な修正を加え、「顔」を取り付けることにより、比較的容易にオリジナルキャラクターが出来上がります。改造の種車として御紹介している商品には、既に絶版品で英国の中古市場やアンティークオークションなどでないと入手出来ない物も含まれています。
 キャラクター製品およびキャラクターの原型車輌の完成品模型が発売されていないキャラクターに関しては、キットメーカーのキット製品や特製品も御紹介します。いずれも英国的な商品で一般的に加工度の低い製品が多いのですが、シャーシ周りの規格はほとんどのメーカーで統一されていて、キットメーカ以外のパーツのメーカーから発売されている様々な用途の部品が利用可能です。経営者のリタイアで、いつのまにかメーカー名が変わったりしていますが、基本的に同じような製品が、どこからか発売されていますので、改造やスクラッチ制作には事欠かず、英国の模型事情は工作派には嬉しい限りです。
 英国型機関車はヘッドライトがなく、パイピングも少なく、キット制作には細かい工作作業はそれほど必要としませんが、ボイラー形状がテーパーに絞られていたり、ボディに曲線的なラインを多用したり、塗装は艶ありの仕上げが多く、細いライン模様をボディに入れたりと、別の面でとてもやっかいな作業が多々あります。しかし製作を手助けする、資料のサイト、書籍や図面、塗料、デカールなどは非常に多岐にわたり製品化されています。
 また、かつて英国型鉄道模型は現在の「きかんしゃトーマスシリーズ」やHornbyの廉価版 Railroadシリーズ製品のように玩具的で、大味な模型が多かったので、完成品模型用に、多くのキットメーカーから交換用のシャーシキットや後付用のパーツ類が豊富に用意されていました。好みに応じていかようにもグレードアップが可能でした。近年、英国で主流の OOゲージ (英国規格16.5mm ゲージ) の英国型完成品模型はそのほとんどが中国製になり、設計や考え方も従来の英国的でなく、頑丈で耐久性に富む感じは少々なくなったように思いますが、細かい仕様に作り分けられ、スケール感あふれる精密な模型に変わっています。日本のマニアの方にも理解しやすい模型に変わっています。
 小さいメーカーからは、DCC 対応のパーツやオリジナル音源のサウンドデコーダー、小型のLEDを使用したオイルランプの点灯、発煙装置などの電装関係の改造用部品が盛んに販売されています。運転を楽しむための製品が主流故、展示観賞用としては少々重厚感に欠け、日本製には見劣りする商品が多いのですが、なにより廉価で耐久性に富み、鉄道模型入門用としてはピッタリの物ではないかと考えます。

ナローゲージ

 物語に登場する鉱山鉄道のキャラクター達は、ナローゲージと呼ばれ、縮尺の割にボディが小さく、線路幅が狭い車両です。英国にはこれらの小さい鉄道が数多く現在でも保存されています。
 模型では 1/76 9mmゲージの 009と呼ばれるHO/OOゲージのナロー製品と、1/43.5 16.5mmゲージの O-16.5と呼ばれるOゲージのナローがあります。いずれもキット製品がほとんどです。ホワイトメタル製のボディに完成品のNやOOゲージのシャーシを使う、比較的工作がたやすい製品と、下回りも真鍮エッチングのフレームから組み立てる本格的な製品があります。他にも1/76 12mmゲージ、6.5mmゲージ、1/43.5 14mmゲージという製品もあります。
 大きいGゲージ (32mm/45mm)も本来はナローゲージです。1/20 位の大きさの32mm/45mmゲージのキット製品もございます。小型のライブスチームはこのスケールが主流です。

より大きなサイズの模型

 より大きなサイズの模型は、米国のLionelから3線式Oゲージ (32mmゲージ)の「トーマス」、「パーシー」などが完成品模型として販売されています。いずれも限定的な生産で発売時期を逃すと次の再販時まではなかなか入手は困難です。
 英国では2線式Oゲージ(1/43.5 32mm ゲージ)が現在でも盛んです。完成品模型の商品は少ないですが、キット製品やパーツ類はOOゲージに負けないくらいの膨大な製品数があり、数多くのキットメーカーから発売されています。いずれも小資本故、カタログリストにある商品が全ていつでも入手出来るわけではありませんが、気長に待てば、忘れた頃にでもきちんと送ってくれます。
 従い、「きかんしゃトーマス」キャラクターを製作するに必要な原型のキット製品探しはそれほど困難ではなく、日本のOゲージ製品に比べればかなりの割安感で手に入ります。但し特に廉価な製品は加工度が低く、説明書も組み立て展開図などが省かれ文章ばかりで、丁寧ではありません。内容的にも神経質なマニアの方には修正がかなり必要かもしれません。しかし気軽に作って楽しむという点ではこれらキット製品は少量生産にもかかわらず、良心的な価格で金属キット製作入門にはピッタリと思います。
 No1ゲージ、Gゲージでも「きかんしゃトーマス」キャラクターや原型模型の商品がいろいろあります。1990年代に米国のLionelがGゲージ(45mmゲージ)で丈夫な「トーマス」製品を発売していました。限定生産で、「トーマス」の客車付きセットは数年間隔を空けて2度発売されましたが、初回の1994年だけ発売された「ジェームス」は、現在ではプレミアム品です。より廉価な製品としては、2009年から発売されている、米国のBachmannのラージスケール(45mmゲージ)と称される、Gゲージのような大きさでHO/OOゲージの「きかんしゃトーマス」シリーズ製品をそのままスケールアップしたような製品があります。現在発売中の「トーマス」、「パーシー」、「ジェームス」、貨車などに加え「エミリーの客車も」発売されました。今後さらにシリーズ化が進みそうで楽しみです。
 原型の模型は金属製のキット製品が多種発売されています。より大型の3.5、5インチサイズなどでも素材となる鋳物製品を、いろいろ揃えることが可能です。完全にスクラッチで自作するよりは、キット製品の改造の方が簡単ですし、取り組みやすいと思います。是非挑戦してみてください。商品紹介、およびキット製作見本の写真等は各スケールのページでそれぞれ紹介しています。是非御参照ください。

 

 英国は鉄道発祥の地である故、蒸気機関車の歴史が非常に古く、日本と同じ程度の国土の広さにしては、かなりの数の鉄道と車輌が存在しました。鉄道会社は統合の繰り返しで名前が変わり、(この辺りは民営化でスポンサー名が良く変わる現代でも同様ですが) 機関車の形式名もそれにつれて変わり、英国の鉄道はなんだか良く判らないと言うお声を聞きますが、「きかんしゃトーマス」を足かがりに是非奥が深い、魅力溢れる英国鉄道模型趣味に触れる機会を持てていただけたらと思います。

 

 

ニュース



オンラインストア
バナー
HORNBY
Hatton's

Banner
メディカルアートINDEX製品情報オンラインストア店舗情報お問い合わせリンク

ご利用ガイドプライバシーポリシー会社概要COPYRIGHT MEDICAL ART INC. ALL RIGHTS RESERVED.
オークション 公式ブログ